只今東北と京都の子どもたちの交流を企画中です。

2015年は、NPO法人和(なごみ)、NPO法人シャローム、さぽーと紡の共催です。

 

817()23()67日、

前半は淡路のシェアハウスsaludangoに宿泊、後半は京都の聞法会館に宿泊予定です。

できる限り東北からたくさんのこどもたちを呼びたいのですが、

「保養」に対する意識がまだまだ低いため、資金が足りません。

 

東日本と西日本の子どもたちが繋がれ、刺激を受ける場として、また、のびのびと気持ちを広げるためには、

この交流の企画は

とても未来に繋がっていくものと思っています。

 

さぽーと紡は避難者で立ち上げ、保養の企画までを自分たちですることに限界がありました。

さらに住宅支援の打ち切りが決まり、こどもを持つ避難者は

泣く泣く帰らざるを得ない状況が迫っています。

今年3回目となりますプロジェクト、

もしニーズがあるのであれば、

こどもたちのための活動はもちろん、

全国にある保養団体を支援する立場としても、

動き続けたいです。

 

頂いたカンパ金はこどもたちの保養費、紡活動維持費として使わせていただきます。

皆様のご協力よろしくお願いいたします。

 

●このプロジェクトは京都新聞社会福祉事業団、WCRP世界宗教者会議、西本願寺災害対策本部より助成を受けております。 

つむぎプロジェクト2015、今年も企画進行中です。
以下、みなさんにお願いがあります。

みなさんのお宅で使っていない布団があったら、
使用・未使用を問わずお譲り下さい。

...

8月の中旬に淡路島での保養を企画しています。

NPO法人和、NPO法人シャローム、さぽーと紡の3団体による共催事業です。

京都のこどもたちとの交流も企画しており、NPO法人テンペラーレが運営するシェアハウスsald-an-go(淡路)で30人以上を受け入れる予定です。

予算が限られているため、少しでも出費を抑えたいです。
布団のレンタル代が高価なためそこを削れないかと考えています。
寝袋を使ってとのお話もあったのですが、
建物の床がフローリングなので硬くて可哀想です…。

近ければ引き取りに行きますが、
遠い場合は送料についてご相談下さい。

ご協力を宜しくお願いします。

尚、二段ベッドもありましたらお譲りいただければ嬉しいです。

 

連絡先…09020233140煙山まで

 

●上記のお願いをしたところ、たくさんの布団が集まりました。

おかげで子どもたちもゆっくり休むことができました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!